社労士と税理士の違いについて
社労士と税理士の違いについて

法律に基づいた専門知識で業務をサポートする国家資格に、「社労士」や「税理士」などがあります。
起業をしたり今の会社をさらに成長させたりするために、これらを上手に活用できるよう、両者の違いをご紹介します。




社労士とは

社労士の主な仕事は、会社が円滑に運営し成長していくために必要な労務手続きのサポートです。
社会保険雇用保険健康保険などの手続き代行や、人事労務管理相談、職業規則作成、給与計算代行などを行います。どれも企業を運営する上で大切なものです。

税理士とは

税理士の主な業務内容は、法人や個人のクライアントが税務署に提出する書類作成や、税務代理、税務相談です。税理士は法人だけではなく個人も対象にしていることが多いです。
企業の税務に関することの相談はもちろん、不動産を持っていたりフリーランスで活躍していたりする個人の税金に関する相談や手続きを代行します。

上手に活用するためには

社労士も税理士も、会社設立や会社運営にうまく活用したい専門家です。
労務に関するプロフェッショナルの社労士、税務のプロフェッショナルである税理士を状況によって使い分けることで、より円滑な会社運営に繋げることができます。

顧問税理士をつけている会社では、労務手続きに関することも税理士に相談しているところもあるようですが、専門外のことであれば的確なアドバイスは受けられるとは限りません。
人事労務管理や就業規則作成は多くの知識を持ち合わせて行わなければ、様々なトラブルのもとになってしまいます。労務に関するご相談は、社労士にお任せください。








大阪で労務手続きの依頼ができる社労士をお探しなら、大阪府豊中市にあります当事務所をご利用ください。社会保険・雇用保険・健康保険・雇用調整助成金などの手続きを代行し、人事労務管理や就業規則作成についてもサポートをいたします。豊富な知識を持ち多くの企業のサポートをしてきた社労士の力を、ぜひご活用ください。助成金や労務手続きに関するお悩みのある方からのご連絡もお待ちしております。

お問合せ
田村博 社会保険労務士事務所
〒560-0085
大阪府豊中市上新田1-24
TEL:06-6319-9572
FAX:06-6319-9572