円滑な労務管理を行うための就業規則
円滑な労務管理を行うための就業規則

大阪にはたくさんの企業があり、それぞれの企業が独自の就業規則を持っています。
就業規則は労務管理および企業運営のマニュアルとして用いられるものなので、就業規則が企業に合ったものでないと、円滑な労務管理を行うことが難しくなってしまいます。

通常の業務に加え、労務に関するトラブルが起きた際にも会社を守る上で就業規則はたいへん重要なものになります。ここでは円滑な労務管理が行えるよう、就業規則を作成・改定する際のポイントをご紹介します。

現場に合った就業規則に

企業は日々効率化を考え、業務体制も変化し続けています。そうした変化に伴い、就業規則を変更する必要が出てくることも少なくありません。常に現場の労務管理がスムーズに行えるよう定期的に就業規則を見直し、適正な状態が保てるようにしましょう。

事業主・従業員がきちんと理解する

就業規則を作成する際、「労働基準監督署に提出するためのもの」として作るのでは意味がありません。労務管理を行う事業主がしっかり就業規則を理解し、従業員への周知を行うことが必要です。
企業で働く人たちが理解してこそ円滑な労務管理に繋がります。

相互理解がきちんと行えるよう、表現方法や言葉使いに一貫性を持たせるようにすることも大切です。
解釈の違いは混乱を招いてしまいます。解雇・懲戒・減給に関する記述や賞与・退職金などに関する記述などは特にトラブルに繋がりやすいので気をつけるようにしましょう。

法令を反映させる

労務管理に関する法令はいくつもあり、時代に合わせて改正も行われます。
雇用する職員が増えれば就業規則に盛り込まなくてはいけない法令も増えるでしょう。
法令を正しく理解し、変更される度に新しい情報を得るのはなかなか難しいものです。
最新の情報・多くの知識を持つ社労士をご活用いただくことで、正しく法令が反映され、円滑な労務管理が行える就業規則の作成・改定が行えます。

大阪で就業規則作成・改定に関する相談ができる社労士をお探しの方は、大阪府豊中市にあります当事務所をご利用ください。就業規則作成の他、社会保険雇用保険・健康保険の手続き代行なども行います。

お問合せ
田村博 社会保険労務士事務所
〒560-0085
大阪府豊中市上新田1-24
TEL:06-6319-9572
FAX:06-6319-9572