労務管理で人材の流出防止
労務管理で人材の流出防止

 入社したら一生その企業で働こうという覚悟で入社する人が、昔よりも減っているといいます。自分のスキルアップを大切にし、やりがいのある仕事を求めての転職や待遇の良い企業への転職を行う人が増えています。そうした人が多くなっている現代、人材の流出を防止する努力はどの企業でも必要となってきています。

人材の流出によるダメージ

 企業にとってなぜ人材の流出が痛手になるのでしょうか。企業は人によって作られています。いくら優れた機械を入れたとしてもそれを使いこなせる人材が必要になりますし、その機械を活かせる業務ができるかどうかは働いている従業員にかかっているのです。

また,従業員を雇う際、人材の募集から始まり応募者に対しての会社説明、採用試験、面接などを行います。これらのことを行うには時間や手間、コストがかかります。雇ったあとは社員教育や仕事の伝授を行います。

企業の戦力となる人材に育てるためには、時間や労力、コストがかかるのです。そうして育てた人材にすぐに辞められてしまえば、企業にとって大きなダメージになることは明白です。

流出防止を行うには労務管理が大切


人材の流出を防止するために労務管理を見直しましょう。

人材の募集・採用

募集する際に募集する側と応募する側に、ミスマッチが起こらないよう気をつけることが必要になります。どのような人材を必要としているかを伝え、企業の戦力になり長く続ける意思がある人材を採用するようにしなければなりません。

人材育成

自分のスキルアップを目指す人が多い現代、今の会社に長く勤めていても十分なスキルアップは可能であると示すために、企業研修を充実させたり資格取得サポートを行ったりすることもおすすめです。

人事

一人一人を大切にし、適材適所の人事が行えるようにしましょう。そのためには職務等級表などによって各々の社員の能力を丁寧に評価していくことが大切です。

昇進・昇給

能力に合った昇進や昇給は従業員のモチベーションを上げ、さらなる高みを目指すやる気を出させるのに必要です。能力に合わせた昇進や昇給がなかなかなければ、それを会社からの評価と受け取り転職を考える人が出てしまうおそれがあります。

適正な労務管理

労働時間や労働環境など、適正であるか見直しましょう。自分たちで判断つかない場合は、第三者に相談することをおすすめします。

大阪社労士に労務管理に関する相談をしたいとお考えの方、大阪府豊中市にあります当事務所をご利用ください。社会保険雇用保険・健康保険などに関する相談、従業員のメンタルヘルス管理に関する相談、労務トラブル防止対策についての相談など、様々な相談にのりサポートいたします。

お問合せ
田村博 社会保険労務士事務所
〒560-0085
大阪府豊中市上新田1-24
TEL:06-6319-9572
FAX:06-6319-9572