人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2017/11/21

11月14日に来年の裁判員候補者に対する通知が発送されました

 平成21年5月21日より裁判員制度がスタートし、名簿記載通知が送付されるのは今年で10回目となります。これまでにこの名簿記載通知を受け取った裁判員候補者は、合計で約243万人となり、約51人に1人という割合となっています。先日、来年の裁判員候補者に対して通知が発送されましたので、この通知を受け取った場合に求められる対応などについてとり上げましょう。

1.裁判員制度とは
 そもそも裁判員候補者とは、市町村の選挙管理委員会が「くじ」により作成した名簿に基づいて、裁判所ごとに作成された裁判員候補者名簿に登録された者のことを言い、裁判員に選ばれる可能性がある者を指します。この裁判員候補者名簿に登録される人数は、予想される裁判員裁判対象事件の数などによって毎年変動しており、平成30年分の名簿に登録される人数は全国で約230,600人、有権者全体に占める割合は約461人に1人と発表されました。今回は平成30年1月1日から同年12月31日までの間に対象となる裁判員候補者に対し、平成29年11月14日より通知が発送されています。

2.裁判員候補者となった後の流れと企業に求められる対応
 従業員が裁判員候補者に選ばれた場合であっても必ずしも裁判員となる訳ではなく、実際に裁判員を選任する必要が出てきた際に、裁判員候補者に「裁判員等選任手続期日のお知らせ」が送付されることになっています。実際、この「裁判員等選任手続期日のお知らせ」を受け取った時点で業務の都合等で裁判員となることが難しいケースが考えられ、このとき、会社にどのように対応したらよいのか相談が寄せられることもあるでしょう。

 これについては、具体的な事件が起訴された後、「裁判員等選任手続期日のお知らせ」に質問票が同封されることになっています。送付された時点で裁判の日程が決まっていることから、その日程を前提とした辞退事由など(事業上の重要な用務で、自分で処理しないと当該業務に著しい損害が生じるおそれがある事情の有無や、重い疾病又は傷害により裁判所に行くことが困難な事情の有無など)を回答することになっており、辞退が認められるかが判断されることになります。そのため、従業員から相談があった際には、この質問票を必ず提出するように伝え、辞退が認められなかった場合には上長や現場と調整し、従業員が安心して裁判員として役割が担えるようにすることが求められます。

 今年10月に、労働時間等見直しガイドライン(労働時間等設定改善指針)が改正され、従業員が公民権の行使または公の職務の執行をできるための制度等を設けるよう検討することが企業に求められています。裁判員制度のための休暇制度もこれに該当することから、休暇制度を設けることについてこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

■参考リンク
最高裁判所「11月14日,裁判員候補者名簿に登録された方に名簿記載通知を発送します。(2017.11)」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




押さえておきたい介護休業給付金の概要2017/11/14
パートの約7割が希望する今後の働き方はパート2017/11/07
新卒者が3年以内で会社を辞める割合は高卒で40.8%、大卒で32.2%2017/10/31
育児休業の社会保険料免除制度の申出の手続きが追加になります2017/10/24
法定休暇の前倒し付与等の検討を求める労働関係法の指針の改正2017/10/17
従業員数が50人以上の事業場は、衛生管理者の選任と衛生委員会の設置が必要です2017/10/10
緊急要請された職場における死亡災害撲滅に向けた取組み2017/10/03
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2017/09/26
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2017/09/19
重大事故増加で見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2017/09/12
今年の引上げで固定化される厚生年金保険の保険料率2017/09/05
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額 前年度より大幅に増加2017/08/29
マタハラ防止対策 企業規模が小さくなるほど取組み割合が低い結果に2017/08/22
長時間労働が疑われる事業場への監督指導 43.0%が違法な時間外労働という結果に2017/08/15
ストレスチェック制度 8割強の事業場で実施2017/08/08
お問合せ
田村博 社会保険労務士事務所
〒560-0085
大阪府豊中市上新田1-24
TEL:06-6319-9572
FAX:06-6319-9572